最近のトラックバック

美術に関する本

作品が掲載されているHPへ

  • 八橋蒔絵硯箱
    燕子花と橋のデザインされた光琳の作品 (東京国立博物館HP)

裏磐梯 五色沼周辺 1


  • 猫魔から五色沼入口へ向かう散策路を歩きました

さくら

  • Dsc00334_edited
    いろいろなところで撮った桜の写真です。

青楓の小石川後楽園


  • 5月3日小石川の後楽園の庭を歩きました。

« 仙厓義梵のたおやかな茶杓 | トップページ | 道安のどっしりした竹花入 »

乾山というブランド・ロゴ

Kenzan


 出光美術館の「乾山の芸術と光琳」という展覧会に行きました。公家たちの高級な着物を扱う雁金屋の御曹司、光琳(1658~1716)とその弟、乾山(1663~1743)は工芸品や書画の分野で優れた才能を発揮した兄弟です。今回は主に乾山の作った焼き物を中心に、兄弟やその周辺にいた本阿弥光悦、野々村仁清の作品もともに見ることができました。また、
雁金屋のデザインを集めた「雁金屋衣装図案帳」や当時の小袖、光悦の謡本、また乾山が使っていた鳴滝窯跡に関連する半泥子の絵などもあり、立体的な企画でした。

 展観を見ていて思ったのは、器用な乾山が本当に作りたかったものは何だったのだろう、という疑問です。平安趣味の細やかな色絵、オランダ風のモダンな絵付け、文人画と漢詩の世界、中国・磁州窯に似せた掻き落としの手法、光琳のデザインを陶器に活かした作品、それぞれに面白みを持ち、当時としては新しさを持っていたものと思われますが、本当のところは何をめざしていたのだろう、と考えました。

 図録を読むと、尾形乾山という人は習静という号を持ち、これは心を静寂清澄にしようと努めることで、座禅などを指すと書いてあります。確かに、晩年の書画を見ると中国の文人画か禅画のような世界が描いてあり、そのあたりが目指すところであったのかもしれません。でも、そうは言っても都の高級呉服店に生まれた血がそうさせるのか、常に人目を引くもの、みんながほしがるもの、というベクトルが感じられないでしょうか? 実際、乾山の作り出した焼き物は人気を博し、公家にも町人にももてはやされていきます。

 錆絵で水墨画風の絵付けをした皿や煎じ茶用の茶碗などを見ると、少し前まで、焼き物屋の奥まった棚に並んでいた半美術品のような焼き物にこのようなものがあったな、という感じで、乾山の示した方向はつい最近まで受け継がれていたのだと驚かされます。まったく根拠のないことですが、さまざまな作品の中ではこの水墨画風の絵付けのものが一番乾山の素直な気持ちに近いのかなと感じられました。もちろん、乾山といえば透かし彫りの器胎に鮮やかな色絵が描いてあるものや風変わりなデザインの向付などが思い浮かびますが、そこには何か、目立つものを作りたい、という焦りのようなものが感じられます。

 そこにいくと、錆絵で作られた作品は自由さがあり、落ち着いて、楽しんで作られたもののように思われました。琳派風の松が金銀白で上品に描いてある蓋物は、図録の表紙に使われていますが、地の素焼きの肌に白、黒、茶色、灰色の松が重なり、とても円い気持ちになる作品です。私はこの作品が大好きですが、このあたりが、乾山のやりたいことと売れるものの絶妙なバランスのとれた最高の作品なのではないでしょうか。

 しかし、晴耕雨読の生活を送る静かな文人に憧れつつも、結局は雁金屋の伝統の方が強かったのか、乾山は売れる作家となってしまいます。「乾山」という大きなたっぷりした筆の銘は日本最初のブランド・ロゴのようになって、器を求める人を安心させました。その証拠に緑釉の揃いの皿は皿の横に大きく乾山と書いてあって、もはや銘などではなく、デザインの一部となっていました。(ルイ・ヴィトンやコーチのバッグのようですね。)

 帰りにミュージアムショップに寄ると、真ん中に「乾山」という白い文字があり、その下に小さく重要文化財の「銹絵染付金銀白彩松波文蓋物」の写真の入ったクリアファイルがありました。やっぱり「乾山」はブランドなんだ、と確信して、帰って来ました。
 

(写真は同展の図録表紙です。クリックすると大きくなります。)

« 仙厓義梵のたおやかな茶杓 | トップページ | 道安のどっしりした竹花入 »

コメント

乾山のお話、興味深く拝読いたしました。
乾山には兄光琳との共同作品もあると聞きますが、
二人はどんな思いで創ったのかな?といつも思います。

学生時代は、東博をはじめとして、琳派の作品が出ていると、よく見に行ったのですが、最近はすっかりご無沙汰です。

久しぶりに、近くで琳派を展示していないか、探してみようと思いました。

それと、一寸気になったところがありましたので、ついでにお送りします。
「鉄の力、人の力」の項で、「鉄の技術が奈良の大仏を造り」という表現は、少し言葉足らずのような気がしますが?確かに、銅の鋳造には鉄の力もあったと思うのですが、実際の大仏製作の技術は銅の技術であるわけで、鉄が果たした役割は否定しませんが、なんかそぐわない気もします。意図されていたように読めなかったとしたら私の不徳の致すところです。お許しください。

●祁瑛堡通信さん、コメントありがとうございます。兄弟の関係については、図録の最初にある河野元昭さんの「乾山と光琳―兄弟逆転試論」という論文がくわしく解説しています。とてもおもしろい文章で、トリビアではありませんが「へえ!」という感じです。

 鉄のことについては、確かにおかしいですね。大仏が銅で造られたことは理解しています。頭の中で関連のあることがどんどん出てきて、途中のことをすっ飛ばして書いてしまっていますね。文を少し変えました。

図録購入しようと思います。
書きなおし拝読しました。こちらのほうがより伝わると思います。本当に、郁様の文章は素敵ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88028/17036780

この記事へのトラックバック一覧です: 乾山というブランド・ロゴ:

» 乾山の芸術と光琳展 [いづつやの文化記号]
現在、出光美術館で行われている“乾山の芸術と光琳展”(11/3~12/16)は予 [続きを読む]

« 仙厓義梵のたおやかな茶杓 | トップページ | 道安のどっしりした竹花入 »

日本の美術・アジアの美術2

夏の会津

  • 15  喜多方の観光馬車
    会津若松で白虎隊の墓所、御薬園、鶴ヶ城をまわりました。