最近のトラックバック

美術に関する本

作品が掲載されているHPへ

  • 八橋蒔絵硯箱
    燕子花と橋のデザインされた光琳の作品 (東京国立博物館HP)

裏磐梯 五色沼周辺 1


  • 猫魔から五色沼入口へ向かう散策路を歩きました

さくら

  • Dsc00334_edited
    いろいろなところで撮った桜の写真です。

青楓の小石川後楽園


  • 5月3日小石川の後楽園の庭を歩きました。

« 美女と美しい仏像 | トップページ | 『國華』創刊120周年特別展 »

夏の茶道具

Natu


 美術館に向かったものの休館日であったことが2回ほど続き、ここしばらく展覧会をみていませんでした。人生、そんなアンラッキーが続く時期があるものです。

 今日は用事があって出かけたついでに、三井記念美術館に行き「NIPPONの夏――応挙・歌麿・北斎から「きもの」まで――」という展示を見て参りました。個人蔵のものを含めて、さまざまな美術館や博物館から集められた夏に使う道具や工芸品や衣装、そして夏を題材にした浮世絵や屏風などがありました。 

 朝顔の蒔絵の茶籠、鈴木其一の青い朝顔の絵、応挙の瀑布の絵、瓢箪の柄の絽の着物、ガラス製の髪飾り、祇園祭の屏風絵、日本人の器用さを形にしたような「自在昆虫置物」という本物そっくりの虫の摸型、そしてガラスの細い棒で造った虫籠、これまた本物と見紛うほどの象牙で作った茄子と無花果、鋭く際立ったカットの無色の切子の鉢……いろいろなものがありました。女性たちが持っていた紙挟みや楊枝入れも夏デザインのかわいい模様でした。

 江戸時代の人々も暑い夏には涼しげに見えるようなガラスの小物を使い、白鷺や雪のようなひんやりした空気を呼んでくれるようなデザインのもので、暮らしを彩っていたのですね。現代の若い女の子たちが透明なアクセサリーをつけるように、江戸の女性たちもガラス製の髪飾りをつけていたなんて、彼女たちがとても身近に思えてきます。

 いろいろと並んでいた中で、もっとも心魅かれたのは、「夏の取り合わせ」として展示されていた茶道具でした。入ってすぐの暗い展示室のなかで、朝鮮の柔らかな肌を持つ「粉引篇壺」や仁清の「流釉釣舟花入」をみて、久しぶりの幸せな気分に浸りました。また、吸江斎在判という「桐木地夕顔香合」は鮮やかな夕顔の絵付けはもちろん、その器形のかわいらしさに目を見張りました。つるんとした夕顔の実を模したその形は、掌に載せて拝見したいものでした。

 そして、今日のイチオシは永楽保全作の「河濱焼平茶碗」。小ぶりの形といい、見込の琵琶色といい、縁にかかる白い柔らかな釉薬といい、夏の朝、こんな茶碗でお薄を飲めたらおいしいだろうな、と想像して楽しみました。


(写真は同展のちらしです。)

« 美女と美しい仏像 | トップページ | 『國華』創刊120周年特別展 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88028/41827907

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の茶道具:

« 美女と美しい仏像 | トップページ | 『國華』創刊120周年特別展 »

日本の美術・アジアの美術2

夏の会津

  • 15  喜多方の観光馬車
    会津若松で白虎隊の墓所、御薬園、鶴ヶ城をまわりました。