« 金春家の能面の奥深さ | トップページ | 自由な発想と国際的感覚の茶の湯 »

2017年3月 2日 (木)

民藝とポップアートの全体

20170302kawaikanjiro1s

 昨年、仕事で大阪に行ったついでに万博公園の中にある大阪日本民芸館に寄りました。千里の万博会場は私たちの年代にとっては昔見た夢の塊のような場所で、今も残されている岡本太郎の「太陽の塔」がとても懐かしい想いを呼び起こします。「太陽の塔」の裏の顔は黒く、怖ろしい形相に作られていたのか、と改めて認識しながらも、美しく紅葉した樹木を楽しみつつ、歩きました。

 

 

 東京渋谷の日本民芸館を訪れたことはありましたが、大阪の民芸館は初めてです。どちらの建物も何か共通するものがあり、どっしりした、風通しのよいような、広々した感じを受けました。

 

20170302kawaikanjiro2s_2

 行われていたのは「秋季特別展 河井寛次郎」で、民芸運動の最初期から関わっていた河井寛次郎の作品がたくさん陳列されていました。

 

 たくさんの作品の中には、よく知られている作風の「これぞ民藝の焼き物」と思わずにやりとしてしまうものと、「河井寛次郎はこのような作品も作っていたのか!」と目を見張るようなものがありました。会場で流されていたビデオでは、むしろこの後者にあたるような作品を喜々として作っている寛次郎が紹介されていました。その造形はあの岡本太郎さんにも通じるような意外な形、常識を裏切るようなものでした。

 

 

 

 「民藝」運動を始めた人がこのような作品を作っていたというのはどのように考えたらよいでしょうか。やはり人は社会と深くつながって人のために働く部分と内から湧き出てくる個性の部分がある、ということなのかもしれません。一人の人間の中に保守の部分と革新のほとばしりがある、ということなのか、年齢を重ねるうちに色々な面が出てくるということなのか、とさまざまに考えました。いずれにしても、全体でその人です。

 

 

 

この大阪日本民芸館では、この他にも常設展示として濱田庄司、宗像志功、芹沢銈介らの作品に出会えました。お土産には主人の故郷で焼かれた箸置きを買いました。日本民芸協会のサイトをみると、民芸館は日本全国にあります。各地の民芸館に行きたくなりました。ちなみに、大阪日本民芸館では34日から春季特別展「菓子木型の世界-美をかたどる-」という展示会が行われるようです。

(写真は同展ちらし。おもて面の作品は民藝とアートの融合したようなものにみえます)

 

« 金春家の能面の奥深さ | トップページ | 自由な発想と国際的感覚の茶の湯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88028/64960463

この記事へのトラックバック一覧です: 民藝とポップアートの全体:

« 金春家の能面の奥深さ | トップページ | 自由な発想と国際的感覚の茶の湯 »

タマン・アユン寺院

  • Img_2299_450x600
    インドネシア、バリ島にある ヒンズー寺院